2008年8月29日金曜日

お赤飯


 
 お友達が近くにお家を買いました。きょうはお引っ越しです。
何もお手伝いができないのがもどかしいので、お赤飯を炊きました。

 二年前の小雪がちらつく中、三児の母になった私に、ボストン暮らしの大先輩がお赤飯を届けてくれました。

 はいっと、手渡されたお重はまだ温かで、その重みを今も忘れる事ができません。

 「なんとか乗り切るのよ!」という言葉と一緒に渡されたものは、冷凍のおでんセット。「大根、卵と一緒に煮とけば一食になるからね」という飾らない言葉に、同じ三児の母として、この地に足をつけて生きてきた人の優しさを感じました。

 それから、日本を知るお友達にお祝い事があったら、お赤飯を炊く事にしています。

 ただの自己満足とわかっていても、おめでとうという気持ちと、一緒にアメリカで
がんばろうねという気持ちをこめて・・・

2008年8月25日月曜日

三つ身のゆかた








 







 

 和裁を勉強していた頃、三つ身のゆかたをつくりました。20数年前、今は着物がブームのようですが、そのころはどのデパートの呉服売り場も小さくなって、元気がなかったように思います。
 そんな時でも日本橋高島屋の呉服売り場は華やかで、着物の柄を見て歩くのがとても楽しかった事を覚えています。
 
 夏も終わりの頃、そんな売り場の片隅で、安売りになった子供のゆかたの生地をみつけました。手まりの柄がかわいらしく、いつか娘が生まれたら着せてみたいと思って買いました。

 それから年月はながれて もう誰も着る事もないかと思いだした頃、思いもかけず娘に恵まれました。

 箪笥に眠る事20年、ようやく日の目を見た夏でした。

2008年8月15日金曜日

アジの開き・・・



 今年の夏のボストンはとても雨が多くて、日本の梅雨のようです。

 少しお天気が良くなりそうなので、お気に入りのお魚屋さんに電話したら良いアジが入ったとの事。
どうかな・・?と心配しながらアジを干したら案の定、雲ゆきが怪しくなってきました。

 慌ててとり込もうとしても,あらら手が届かない・・・
僕がやろうか?というお兄ちゃんに,無理と決めつけて踏み台を探しに行ったら「ね!」と、干し網を渡されました。
 背をぬかされたばかりと思っていたお兄ちゃん,気がついたら見上げていました。

 今日は日本の終戦記念日

 いつの時代も,どの国の母親も,こんな小さな幸せを重ねた子供達を戦場へ送っているのかと思うと、切ない気持ちになりました。

2008年8月5日火曜日

お持たせのアイデア




 帰ってくるのを首をながくしてまっていたわ・・・と、嬉しい事を言いながらお友達が訪ねてくれました。
 お持たせは、おいしそうな
手作りおはぎ。
慌ただしい帰り際にお皿を返そうとしたら,下にラップが敷いてあって
洗う手間もなし・・・
 心遣いがとても嬉しく思いました。
 
 彼女の本業は歯医者さん。ご自分でクリニックを経営しながら子育て,そして家族の介護もしてと、どこに時間があるのだろうと思うのですが、手仕事を楽しむ心にいつも感心しています。
尊敬するお友達です。