2013年12月23日月曜日

命日に思う


 今日は私の父の命日
3年が経った。
亡き父のことは今でも,どんな時でも思い出す。
おだやかな気持で思い出す日が多いけど、命日の今日は怒りも思い出すから嫌だ。
私が好きだった父の死すら伏せて、私を生家から遠ざけようとした人たちのことを思い出すからだ。
人の業にまみれて、悪事をはたらいて平気な顔をしていられる人間達とは一線を画したい。
私はそう思いながら自分の子ども達を育ててきた。

 9歳の時から受け続けた虐待
それを隠す為に、嘘に嘘を塗固める努力を続けた本当なら私を守るべきであった人。
私の子育ては、彼らからの呪縛との戦いだった。
今でもそうだ。虐待が始まった日から40年近い年月が経っても、苦しめられる時がある。
それでも、こんな母に育てられながらも、子ども達は三人とも本当によく育ってくれていると思う。

 夫ははいつも、信子ががんばったからだよ。
ちゃんと、自分で逃げないで、きちんと生きてきたからだよって言ってくれるけど、そんなことは絶対ない。あの日に私はこの人にであわなかったら、どんな人生をおくっていただろうと、そう思うと怖くなることすらある。
あなたに守られていたからこそ私は生き直すことができた。本当にそう思わないではいられないのだ。

 私がこんな夫に出会えたのも、父が私の中に植え付けてくれた男性像がよかったからなのかなあ。。なんて、そんなことを言うと、夫は、僕の方が少しだけ賢いかもねって 。って笑う。
確かに,父はそういう人生の思慮深さがたりない人だった。
真面目で誠実な人ではあったけど、人の業に立ち向かい戦う、そういう強さはない人だった。
でも、そんな弱い父だったけど、それでも、私はどうすることもできないほど好きなのだ。

 今でも好きなのだ。大好きなのだ。
父がwise だったら、どんなに私の人生は楽だっただろうとそう思って泣くこともいっぱいあるけど、でも、やっぱり好きなのだ。この気持だけはどうすることもできない。
娘って馬鹿だなあ。。って、自分でもあきれるけどね。。。

0 件のコメント: