2012年11月24日土曜日

Nutcracker

 感謝祭が終わって、クリスマスツリーが売られるようになりました。
昨日も、大きな樅の木を屋根に乗せて走る車をみかけました。
なんて気が早い。。。って思いながらも、季節感があって嬉しいものです。

 Nutcrackerのバレエも、この季節のお約束・・・
何ともいえない季節の喜びを運んでくれます。

NEW Nutcracker 2012 header
今年はすべてが新しくなったボストンバレエのくるみ割り人形
どんな衣装がみれるのか、とっても楽しみです♫
         

 Boston Ballet の本拠地に暮らす我が家の子ども達は、田舎育ちの私には考えられないほどバレエを身近に感じて育ちます。

 9.11の後、町の教育費はたいへんな打撃を受けて、呆れかえるほど削減されました。
それでも、まだお兄ちゃんの頃には、小学校3年生になるとスクールバスに乗ってオペラハウスまでNutcracker を見に行く遠足があったのです。

 お友達と行くボストンバレエ。。。お兄ちゃんは張り切っていました。
席は選べないから、舞台から遠いかもしれない。。。と、お父さんから折りたたみ式のオペラグラスまで借りて、学校の遠足だけどネクタイを締めて、ちょっとおしゃれもして(笑)
 
 意気揚々と目を輝かせて帰って来たお兄ちゃん。
開口一番なにを言うかとおもったら、「お母さん、知ってる??
バレエを踊る男の人のお○○チンって、ものすっごく大きいんだよ!!」

 聞けば、我が家では買えないような、舞台全体がよく見渡せる前の方のとっても良いお席だったとか。。。
そんな良い席に座りながら、オペラグラスを構えてある一点を見つめてたお兄ちゃん。
しかも、お兄ちゃんの驚嘆の声に合わせてまわりの子ども達の興味もそそり、お父さんのオペラグラスは子ども達の手に次々と渡ったとか。。。
私は呆れ返りながらも、確かにその一点に興味がいくだろうなあ。。。と妙な納得をして、お腹を抱えて笑わずにはいられませんでした。

 ボーイズそれぞれと、タンタカタ、タンタン、タンタンターン♪ 
とスキップした雪のボストンの町並み
姑と夫の親子のデートを見守った夜
亡くなった父がまるで、
前の席に座っているかのような錯覚を覚えた冬・・・
くるみ割り人形のバレエは、私に何ともいえない思い出をくれます。

 姫の誕生日は12月、私の誕生日は1月。
今年もそれぞれの誕生日プレゼントに姑がチケットを買ってくれました。

 学校の舞台から豪華絢爛なオペラハウスまで、ボストンの町は、たくさんの人々の努力が詰まった舞台を、至る所で提供してくれるのです。

2012年11月1日木曜日

Own Turkey

 今年もハロウィンが無事すんで、町の飾り付けも今度はThanksgiving が目につくようになりました。
毎年 Thanksgiving に Turkey を焼くのは私の楽しみでもありますが、もうひとつ、我が家にはこんな思い出もあるのです。

 確かお兄ちゃんが7歳の Thanksgiving 、近所の友人が Thanksgiving Dinner に誘ってくれました。私の中で Turkey を焼くという物珍しさも少し薄れた頃です。家族で喜んで出かけて行きました。
 たくさんのお客様に、ごちそう・・・お兄ちゃんもお友達と楽しく遊んで喜んで家に帰って来たら、「お母さん、僕の turkey はどこ?」と聞くのです。
「どうして?今いただいてきたでしょう」と言うと、あれは Sofia のお家のturkey 、僕のown turkey はないの?と、泣き出してしまったのです。
 私は最初は意味もわからなかったのですが、こんなにturkey がお兄ちゃんにとって楽しみだったという事を知って、次の日 慌ててturkey を買いにでかけました。
そして、一日遅れでturkey を焼いたのです。

 それからどんな時も、必ずThanksgiving には我が家のturkey を焼くようになりました。

2003年のThanksgiving
9歳のお兄ちゃんと一緒に♪
半袖短パンで料理してるなんて、私もまだ若かったのね。。。(大笑)


 姫がお腹にいた年のThanksgiving ...
クリスマス頃が予定日だった私は、大きなお腹をかかえながら朝からturkeyを焼きました。
でもその日は、お腹が大きくてturkeyを焼くのがたいへんだろうと、友達家族がデイナーに誘ってくれていたのです。
もちろん我が家のturkeyの話しはせずに、喜んでデイナーにおよばれしました。

 お宅にお邪魔すると、そんなに大きなパーテイーでもなかったのに、大きなturkey が2匹料理されて並んでいます。
すごいなあ。。これを今晩みんなで食べるのかしら。。。なんて思いで眺めていたら、帰る頃になって友人が、いままで食べたturkeyはもちろん、手つかずのもう一匹のturkey まで包んでくれているのです。。。

 えっ???って思って見ていたら、
Nobuko、これはね、家に帰ったら小さく分けて冷凍してね。
これがあれば、お産の後、しばらくは食べられるわ♪

・・・・私は、家に帰れば大きなturkeyが待っているなんて、とても口にできませんでした。
お兄ちゃんも、お父さんもそうだったみたい。。。
家族みんな、そのことにはとても触れられずお宅を後にしました。

 家に帰ったら、21.87パウンドの、お兄ちゃんが選んだ大きなturkeyが待っていました。
そしてもうひとつ、これまた大きな友人が焼いてくれたturkey....
それに、おまけのようなこの日の残りのturkey....

  他の日だったら、ご近所に美味しいローストターキーをお裾分けしたことでしょう。
でも、Thanksgiving....
アメリカ中でたくさんのturkey がお料理される日。どのお宅にもturkey が余ってたはずです(笑)
  もちろん冷凍もしましたが、それからしばらく、我が家で七面鳥レシピが続いたのは言うまでもありません。

 今年ももうすぐThanksgiving がやって来ます。
あんなにown turkey、own turkey と大騒ぎしたお兄ちゃん。でも、来年は私のturkeyを食べてくれないかもしれません。そう思うと胸がいっぱいになります。

 「僕がね、大きくなってファミリーができて、お母さんのお家に帰って来たら、こんな大きなturkey を焼いてくれる?」大きなturkeyをねだりながら、私に向けた無邪気な笑顔が忘れられません。
 今年は何パウンドのturkey が焼けるだろう。。。
お財布と相談しながら、でも、一年に一度の私の楽しみがやってきます。。。

2012年10月1日月曜日

Halloween を手作りで

           

今年のハロウィンは手作りのコスチュームで楽しみませんか?
ぜひSewing Lesson にお出かけください。
https://sites.google.com/site/hyacinthlessons/home

 
レッスンにお出かけいただかなくても、材料や縫製の仕方など無料でご相談に応じます。
どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

2012年4月14日土曜日

布おむつのリサイクル。。。

まるでお花のような綿ですね(笑)

特に主義主張があるわけでもないのですが。。。
何となく、赤ちゃんは布のおむつを付けているのが可愛い感じがして、私は子ども達を布のおむつで育ててきました。
青空の下で子ども達のおむつがはためく様は、何ともいえない喜びを私に与えてくれました。
・・・ところがところが。。。3番目の娘が生まれてすぐ、私はなんとしたことか、階段から落ちてしまったのです。もうおむつの洗濯どころか、冷や汗と一緒に授乳するような、そんな暮らしになってしまいました。

あとに残ったものは山のような布のおむつ。。。
捨てるには惜しくて、かといって布おむつを使ってくれるような方は近くにいませんでした。

ぞうきんに作りかえようか、と思ったとき、ふと、せっかく子ども達が使ったものだし、今度は自分の健康を守るものに作り代えてみようかなあ。。。と思ったのです。
それが、私と布ナプキンの出会いでした。
形や、厚み、自分なりに試行錯誤して早6年。。。今や、私の暮らしには欠かせないものになってくれました。

子ども達がお腹にいる時にいただいた晒の腹帯も。。。
神様のはんこが押してあったりすると、はさみを入れるのもいけないような気がしましたが、こうやってリサイクルするなら許していただけるだろうと勝手に思ったりして(笑)

ずっと、Hyacinth でも紹介したいなあ。。。って思ってた布ナプキンですが
違和感を感じる方もいるかな??なんて、躊躇していました。
でも、先ほど朝日新聞の記事でもみつけたし、
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001204130001
こんなお話を書いてもいいかなあ。。。って思って書きました。

子育てやお病気の方と一緒にくらしたり、健康な生活をしていても、木綿の柔らかさが肌に優しい、そんな生活の細々した布製品。。。

どうぞご相談ください。
ご希望を伺いながら、お客様だけの作品をおつくりいたします。

2012年4月1日日曜日

About Hyacinth



 我家のHyacinth が今 満開です。何ともいえない春の香りを届けてくれています。
ピンクやブルーのHyacinth も大好きですが、こんな白も大好きです。

 私が縫い物の仕事を始めようと思った時に、真っ先に「風信子」という名前を考えました。
「風信子」... ヒヤシンスです。

  私の高校時代、友達が作ってた学校新聞の編集後記の名前が「風信子」でした。
そして、初めて自分の名前が大好きなお花の名前に入っている事を知りました。
もちろん私も、最初はなんと書いてあるのか読めなかったのです(笑)

 私の名前は、亡くなった父から一字。
いつか姓が変わってしまう娘に、父は自分の字をつかいたかったのだとか。
父の名前は「重信」
父は、自分と呼び名が同じになるように「重子」という名前を最初におもったそうです。
でも、何かおもうところがあったのか、私の名前は「信子」になりました。

 重子になっても、信子になっても、私の中では一緒・・・
なぜ、もっと可愛い名前にしてくれなかったのかなあ。。。なんて、幼い頃は思っていました。
ましてや濁音がつく名前なので、必ず「ブー子」とか呼ばれるし・・・

 そんな中、高校時代に「風信子」という文字に出会って、初めて自分の名前が好きになりました。
Studio Hyacinth 風信子  なんて、名前を付けてみたら、いなかっぺ大将の大ちゃん「風大左衛門」みたい。。。って言われるし、芸名??なんて言われるし、散々。。。(笑)

 でも、気に入ってつかい始めて8年になりました。
これからもずっと使い続けていきたい私の、もう一つの名前です。

2012年2月15日水曜日

うれしいお手紙

私のお店をのぞいてくださった方から,とってもうれしいお手紙をいただきました。

Hello,

I just wanted to say how much I love your fans. They are truly inspiring. As a young woman of 14 years, and the oldest of seven children, my mother left school and went to work to help support her family. This would have been around 1921. She went to work at the Corticelli Silk Mills in Florence, Massachusetts. Her job there was to feed mulberry leaves to the silk worms. I remember her telling us about this when my sibblings and I were growing up, and your delightful fans brought back this sweet memory of my mother. I will try to save enough to purchase one soon.

Best regards,
Kathleen




 こんにちは、
あなたの素敵な団扇をみた私から、どれほどあなたの団扇が好きかをつたえさせてください。
あなたの団扇は,私をとてもドキドキさせてくれました。
私の母は7人兄弟の一番上で、14歳の時に家族を助ける為に学校をやめて働きに出ました。
1921年頃のことです。
マサチューセッツ州フローレンスの Corticelli Silk Mills にやってきました。
母はそこで,カイコに桑の葉を食べさせたりする仕事をしていたそうです。
私は母が、私たち兄弟を育てている日々のなかで、よくそのお話をしていたことを思い出します。
あなたの素敵な団扇は、私のそんな母との優しい時間を思い出させてくれました。
私はあなたの団扇が買えるように、いまお金をためていますよ。


キャサリーンより


 *******


 時々アンテイ−クショップで見かける、かわいい木製のミシン糸や広告・・・
そこで働く14歳の女の子。。。











 女の子はどんな人と巡りあって、こんな優しい娘さんのママになったのかしら。。。
子どもさん達は,たいへんなこともたくさんあったかもしれないママの昔話を、どんな思いで聞いたのかしら。
 100年前のアメリカの風景とともに、そんなことを思いめぐらしました。


 私はお手紙があまりにもうれしかったので、すぐにキャサリーンさんにお返事しました。
 キャサリーンさんは、優しかったお母さまの思い出とともに、こうやってブログで紹介することをとても光栄だとおしゃってくれました。
100年近い時を超えて,私の手仕事が優しい思い出をつなげてくれた。。。
なんだか、そんなことを思ってしまう出来事でした。
うれしいなあ。。。
 
 キャサリーンさんに、我が家でなぜ,こんなプロジェクトがはじまったか、明日にでもお話しなくては・・・ねっ(笑)



2012年1月10日火曜日

OHANAちゃん、素敵♡

昨年のクリスマスプレゼントにワンちゃんコートをご注文くださった
U様よりかわいいお写真を送っていただきました。
























OHANAちゃんというお名前のイメージでMarimekkoのミニウニッコでお作りしました。

ママに名札を付けていただいたのかしら?
OHANAちゃん、かわいい♡♡♡

Hyacinth では 思い出の生地のリメイクも承ります。
このような生活の場での生地のリサイクル、いかがですか??