2012年11月24日土曜日

Nutcracker

 感謝祭が終わって、クリスマスツリーが売られるようになりました。
昨日も、大きな樅の木を屋根に乗せて走る車をみかけました。
なんて気が早い。。。って思いながらも、季節感があって嬉しいものです。

 Nutcrackerのバレエも、この季節のお約束・・・
何ともいえない季節の喜びを運んでくれます。

NEW Nutcracker 2012 header
今年はすべてが新しくなったボストンバレエのくるみ割り人形
どんな衣装がみれるのか、とっても楽しみです♫
         

 Boston Ballet の本拠地に暮らす我が家の子ども達は、田舎育ちの私には考えられないほどバレエを身近に感じて育ちます。

 9.11の後、町の教育費はたいへんな打撃を受けて、呆れかえるほど削減されました。
それでも、まだお兄ちゃんの頃には、小学校3年生になるとスクールバスに乗ってオペラハウスまでNutcracker を見に行く遠足があったのです。

 お友達と行くボストンバレエ。。。お兄ちゃんは張り切っていました。
席は選べないから、舞台から遠いかもしれない。。。と、お父さんから折りたたみ式のオペラグラスまで借りて、学校の遠足だけどネクタイを締めて、ちょっとおしゃれもして(笑)
 
 意気揚々と目を輝かせて帰って来たお兄ちゃん。
開口一番なにを言うかとおもったら、「お母さん、知ってる??
バレエを踊る男の人のお○○チンって、ものすっごく大きいんだよ!!」

 聞けば、我が家では買えないような、舞台全体がよく見渡せる前の方のとっても良いお席だったとか。。。
そんな良い席に座りながら、オペラグラスを構えてある一点を見つめてたお兄ちゃん。
しかも、お兄ちゃんの驚嘆の声に合わせてまわりの子ども達の興味もそそり、お父さんのオペラグラスは子ども達の手に次々と渡ったとか。。。
私は呆れ返りながらも、確かにその一点に興味がいくだろうなあ。。。と妙な納得をして、お腹を抱えて笑わずにはいられませんでした。

 ボーイズそれぞれと、タンタカタ、タンタン、タンタンターン♪ 
とスキップした雪のボストンの町並み
姑と夫の親子のデートを見守った夜
亡くなった父がまるで、
前の席に座っているかのような錯覚を覚えた冬・・・
くるみ割り人形のバレエは、私に何ともいえない思い出をくれます。

 姫の誕生日は12月、私の誕生日は1月。
今年もそれぞれの誕生日プレゼントに姑がチケットを買ってくれました。

 学校の舞台から豪華絢爛なオペラハウスまで、ボストンの町は、たくさんの人々の努力が詰まった舞台を、至る所で提供してくれるのです。

0 件のコメント: