2009年6月15日月曜日

塩の弊害





























  今年もDaylily(ニッコウキスゲ)が咲き始める季節になりました。ところが,我が家の道ばたに植えている今年のDaylilyは、こんな風にかわいそうに枯れています。同じ頃に植えた裏庭のDaylilyはたわわにつぼみをつけて、瑞々しい姿です。これは,雪の時に道路に蒔かれる塩の影響であるとしか思えません。

私たちがこの家に越して来た春,お向かいの家が取り壊されて新しく建て替えられました。その時にお庭の植物達は全てショベルカーで掘り返されていきました。皆さんただのゴミになることを知っていて,お隣のおばあちゃんも一輪車で行ったり来たり,工事の合間に植物のお引っ越しをしていたのです。私も大喜びで,まだ赤ちゃんだった娘を背負って,スコップ持参でいろいろいただいてきました。その時のお花です。

私が道ばたに植えていると,お向かいのおばさんが、そんなところに植えたって何にも育たないわよと、笑っていました。でも,道ばたまできれいな花壇にしているお宅をよく見かけます。そんな風になったらいいな・・・と思って,折角の忠告も聞き流して嬉々として植えました。

最初の年は瑞々しいお花が沢山咲いて,おばさんからもお褒めの言葉をいただいたのですが,去年ぐらいから枯れた葉っぱが目立つようになり,今年は芽が出始めた頃から、もう枯れたような色なのです。これはやはり、株が育つ時期に根に取り込んでしまう塩の影響としか思えません。あまりにかわいそうなので、そろそろ諦めて裏庭に植え替えてあげなくてはと思っています。

でも、道ばたにお花がある姿は諦められないのです。上手に咲かせているお宅も見かけるし、何かきっとコツがあるのかもしれません。車を運転している時も、どなたか道ばたで上手に咲かせているお宅の庭仕事をしている方がいないか、ちょっと虎視眈々と狙っている今日この頃。呼び鈴をならして、教えてくださいと言ってもいいのかもしれないけど、ちょっとな・・・なんて、そんなことを思っています。どなたかお知恵を拝借できないでしょうか?

お花の種類もあるのかもしれませんね。今年は菊も植えてみました。そのうち、北海道の海辺で見かけたハマナスも植えてみようか、私の庭は、そんな試行錯誤を楽しんでいるのです。

0 件のコメント: