2011年4月4日月曜日

いつも、何度でも

   写真は『チェルノブイリの子どもたち」のサイトから転載いたしました。
 
 先日、友人のTomoko Iwamoto がコンサートで聞かせてくれたメッセージが、忘れられません。ウクライナ出身の歌手、Natallya Gudzly さんが、NHKの『視点・論点』で語ってくださったお話です。

 http://www.youtube.com/watch?v=ry_WACFd8Ds&NR=1

 今日8月6日は60年以上前に広島で悲劇が起こった日です。広島や長崎の悲劇がまだ終わっていない様に,20年以上前に起こったチェルノブイリの悲劇も、まだ終わっていません。
今から22年前にチェルノブイリ原発が爆発しました。当時、私は6歳でしたが,お父さんが原発で働いていたので、家族全員で、原発からわずか3.5キロのところに住んでいました。

 事故が起こったのは夜中だったので,ほとんどの人達がそんな大きな事故が起きたとは知りませんでした。そのため、次の日は普通に生活していました。子供達が学校に行き、お母さん達が小さな子ども達を連れて一日中外で遊んでいました。そして,一日中 目に見えない放射能を浴びていました。事故の事を知らされたのは、その次の日でした。大したことが起きていません。でも、念のために避難してください。3日間だけ避難してください。3日後に必ず帰って来ますので、荷物を持たずに避難してください。そう言われて,私達はみんな荷物を持たずに町を出てしまいました。
でも、3日経っても,一ヶ月たっても、そして20年経っても その町にもどることがありませんでした。

 子どもの頃、毎日遊んでいた美しい森も、沢山の思い出がつまった家も、放射能のせいで壊されて、土に中に埋められました。今そこには、なんにも残っていません。かつて命が輝いていた町は、死の町になってしまいました。あの恐ろしい事故で、私達の失った物はふるさとだけではありません。とっても沢山の人が亡くなっています。私の友達も何人も亡くなっています。そしてその当時、私の様に子どもだった人達が、もう大人になり、結婚したり、子どもを産んだりしています。そして新しく生まれてくる赤ちゃん達の健康にも異常があります。

 人間は忘れることによって、同じ過ちを繰り返してしまいます。
悲劇を忘れないで下さい。同じ過ちを繰り返さないでください。
そう願って、私は歌を歌っています。
この歌も、そんな気持ちでお届けしたいと思います。

 とっても可愛らしい曲なのですが、とっても意味の深い歌詞を持っている曲です。
「いつも、何度でも」

 
Nataliya Gudziy is a Singer & Bandura Player from Ukraine.Now,she stays & sings in Japan.
User "jpfrlinguaphile" give us translation of Nataliya's talk.Please see also comment of "Saigon256".Thank you for your great contribution, jpfrlinguaphile & Saigon256!!

Translation: Over 60 years ago on this day, August 6 a tragedy occurred in Hiroshima. Like the tragedy that occurred in Hiroshima and Nagasaki, the tragedy which struck in Chernobyl over 20 years ago is still not over. The nuclear power plant at Chernobyl experienced a meltdown 22 years ago.

I was 6 years old at the time. Since my father worked at the plant, all of us family lived a mere 3.5 km from the plant. The accident happened in the middle of the night so most people were unaware that anything serious had occurred. For that reason, life went on as normal the following day. Children went to school and mothers took their young children out to play outside the whole day. As a result, they were exposed all day to invisible radiation.

We werent informed of the accident until the next day. We were told not to worry as it was not a serious accident, but that to be on the safe side, evacuate. No need to take your suitcases, we were told, just evacuate the city for 3 days. So we did as we were told and left the city without packing our bags. Nonetheless, we didnt return in 3 days, a month, or 20 years.

The forests we children had played in every day as well as the houses full of memories were destroyed by the radiation and buried in the dirt. Today nothing remains. What was once a vibrant city is now dead. We didnt just lose our beautiful hometown in that horrific accident, but many people also died. Many of my friends have died. Just kids at the time, many of us have grown up, married, and have kids of our own, some of whose health has been adversely affected.

Mankind has forgotten and is making the same mistakes over again. Dont forget these tragedies. Dont make the same mistakes. With this hope in mind, I will sing this lovely and meaningful song for you. "Itsumo, nando-demo(Always With Me)"


 先日、私は知子の歌に合わせて、会場の皆さんと一緒にうたいました。
それから,ずっと口ずさんでいます。
歌う度に涙があふれてきます。
『千と千尋の神隠し」の主題歌として聞いていた時には何も感動しなかったのに、Nataliya さんの優しく、力強い歌声を聞く度に涙がこぼれるのです。

 是非,沢山の人に聞いていただきたいと思います。


0 件のコメント: