2009年8月24日月曜日

大きなトランク





 
 私たちが以前住んでいた家のお隣に、Angela  と Jeremy という とても素敵な夫婦が住んでいました。二人とも スタイル抜群で、夫婦で並んでいると見とれてしまう、そんな絵になるご夫婦です。
 Angela は栄養士さんの資格を持ち、その知識を生かして健康的な食べ物を紹介する仕事をして、Jeremy は 、Cambridge にある Fine Food が揃うお店で働いていました。
 二人とも勉強熱心で、Jeremy は  よく、チーズやワインについての本を小脇にかかえて歩いていたのを覚えています。
ふたりとも料理が大好きで、私が作る 日々の惣菜にも興味津々、我が家の食器や塗り物などにも随分興味を持ってくれました。
 
 夏の夕暮れは、お庭に小さなテーブルを出して二人でワインを傾けながら食事です。たいまつを焚いたり、キャンドルを飾ったり、彼らがしていると どんな事でも絵になります。
いつも、好奇心いっぱいで走り回っている我が家のお兄ちゃんを、よくかわいがってくれました。

 二人の夢は、小さなお店をもつこと。世界中からおいしい食べ物を集めたような、そんなお店をしてみたいと教えてくれました。名前も決めてあるんだ・・・話を聞いていると私までワクワクして来るような、そんな夢がありました。

 二人はとても堅実で着々と開店準備が進みます。お店が買えた時のお祝いはお庭でパーテイー。Jeremy が作る薫製がメインです。その頃のお兄ちゃんより背が高い薫製の道具をお庭に出して、いろいろな薫製を作ってくれました。
 お店の工事がすすむ間も庭でアンテイーク家具のペンキを塗ったり、そんな お店の小道具が並ぶのを、私も楽しんで見ていました。
 そして2003年の冬の日、二人は新しい町へ引っ越して行ったのです。
お引っ越し荷物の中には、たくさんの段ボール箱にはいったワイン・・・二人のワインに対しての真面目な姿勢が伺えるような、きれいに整理された無数のワインの空き瓶がありました。

 そして 春になって待っていた開店の知らせが届き、私たちは喜んで出かけて行ったのです。お店は本当に二人の夢がそのまま形になったような、彼らのこだわりがいろいろなところにみられて、素敵なおみせでした。Jeremy が夏の暑い日、汗だくになりながらペンキを塗っていた家具もかわいらしくかざられています。通りにかかる看板さえも、彼らのこだわりがみえる素敵な品でした。

 お店の場所はNewburyport.  Boston から少し北に行った、古くからのかわいらしい港町です。私たちはこの週末 Newburyport 近くの海でキャンピングをして、久しぶりにお店を訪ねました。
夫婦二人だけではじめたお店は、可愛いお姫様達の写真が飾ってあるお店にかわっていました。お客さんもひっきりなしに訪れています。
 
 お店の名前は Grand Trunk Imports Old World Market.... Jeremy が教えてくれた通り、本当にたくさんのおいしい食べ物を詰め込んだ 大きなトランクのようなお店です。
 お店の奥では、Jeremy がおいしいサンドイッチを作ってくれます。ハムもチーズも彼らが選んだ、とびきりおいしいものです。
 近くへいらしたら、ぜひのぞいてみてください。
きっと素敵な二人が、笑顔でむかえてくれると思います。

0 件のコメント: